では、昨日の続きでございます。


  DSC_6856 (480x322)

これは、グリーンがうちに来た時の写真ですが、

右後ろに見える、仮馬房はご覧のとおり出来ておりません。

出来ていないのに何故馬が来たかというと、

このグリーングラスと言うお馬さん・・・、

ご存知の方はご存知と思いますが、

まだG1が、今ほど多くなかった頃、

菊花賞、天皇賞、有馬記念と言うG1レースを3つも勝ったお馬さんでして、

そのお馬さんを、私が引き取って九州に持ってくると云う事に、

グリーンのファンクラブの方々の大反対がございまして、

(まっ、そのことに関しては、また機会があれば詳しくお話いたしますが・・・、)

北海道のグリーンが居た牧場から、毎日、ファンの方々が来て、

大変なので、とにかく早く引き取ってくれ・・・と言う

お話がありまして、

じゃ、どうにかします・・・と

母屋を作ってくれていた大工さんに頼み込んで、

取り敢えず、馬が2頭入れられるだけの馬小屋を大至急作ってください・・・と、

突貫工事をして頂いたのですが、

骨組みを作るだけで精一杯。

取り敢えず、今晩一晩はビニールシートでしのごう・・・と

この状態での、馬搬入となった訳です。


  DSC_6854 (480x322)

世間的には、とてつもなく有名な名馬であったグリーングラスではありますが、

私にとっては、エンドレスのために探したこの土地!

5分でも、10分でもいいから、エンドレスを先に入れたかったので、

この日の午前中に、急遽エンドレスを迎えに行かなければ

ならなくなり、この場を離れられない私の代わりに、

ディガママが、エンドレスを迎えに行ってくれました。


  DSC_7417 (480x322)

これが、突貫工事で足掛け2日で作ってくれた仮馬房です。


  DSC_7421 (480x322)

当時は、仮馬房のすぐ後ろまで山が迫ってきていたので、

木が倒れ掛かってきたら危ないので、

「あれと、あれを切って!」って下から眺めながら、

木を切って貰ってる所です。


  DSC_7422 (480x322)

馬も無事搬入でき、後は母屋の完成を待つだけ・・・となった頃、

みんなで、餅つきをしたのですが、

何しろ、もち米を炊いて、そこから餅になす事を初めてやる面子ばかりで(笑)、

臼やら杵やらを借りて見よう見まねでやっては見たものの、

米粒が残ったゴチゴチの餅になった事も、

今となっては懐かしい思い出です。


  DSC_7420 (480x312)

その頃の放牧位置関係。

母屋からいつでも馬の姿が見えるように

母屋のまん前に牧柵を立てました。


  DSC_6857 (480x322)

上から見たらこんな感じ。

今、駐車場になって、犬達が遊びに行ってる裏の森は、

この頃はまだ足を踏み入れられないジャングルのようですね。


  DSC_6859 (480x322)

今は、マコトリアンの部屋と、ナオコリアンの部屋がある

母屋の裏は、この頃は崖だったのが良く分かりますね。


母屋は、雨、地震が来ても大丈夫なように、

地山を削ったところに建ってるので、

大丈夫なんですが、

考えてみると、裏は埋め立てになってるので、

マコトリアンやナオコリアン・・・特に常時住んでるマコトリアンは、

大雨地震の時は、早めの避難を心がけて下さいね
(人ごとか!? 笑)



さて、2回続いてしまった「今は昔の物語」。

今回は、取り敢えずこれまでで、

また雨が続いた日に、この続きをお送りしたいと思います。


お付き合い、ありがとうございました!!




  にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
          にほんブログ村
   帰っておいでのポチッをお願いします。











08/22|仲間たちコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
FC2カウンター
受賞しました。
2010年11月10日のdogmark.net Cool Dog Site of the Day JAPAN 「クール・ドッグ・サイト・オブ・ザ・デイ・ジャパン」に選ばれました。 -----------------------------------------
FC2ブログランキング

プロフィール

Author:Endless Farm
神埼市脊振町広滝157-106
TEL:090-8229-3728
・森の中のドッグ・ラン
・家庭犬訓練
・DOG-HOTEL
・フリスビー犬訓練

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード