次の4匹のワン達の表情・・・・、

みんな同じ状況を作った時のそれぞれの表情です。


  DSC_8696 (480x322)

ちょっと不安そうなルナ。



  DSC_8697 (480x322)

とっても不思議そうなグレイブ。



  DSC_8693 (480x322)

緊張気味のサン。



  DSC_8692 (480x322)

来るなら、来い!っ的なフライ。


犬も、同じものを見て、同じ音を聞いても、

感じ方がそれぞれ違うのが良く分かると思います。


犬達は、顔の筋肉が人間ほど多くもなく、発達もしてないので、

顔全体の表情っていうのは、

人間ほど分かりやすくはないと思いますが、

言葉がない分、耳の位置、目の表情、口元の動き等で、

嘘のない感情を常に発信しているのだと思います。


それを、人間のほうがいち早く読み取ってあげて、

その場、その場で、対処してあげる事が、

犬とのコミュニケーションを取る・・・ということですよね。



それと、経験から思うことなのですが、

犬は、「自分と相手」と言う関係だけで、相手のことを認識している・・・つまり、

人間みたいに、自分は全く面識がなくても、

共通の友人が居たりしたら、即、仲良くなったり、親近感を持ったり・・・、

と言う事は、犬達にはない、と思っています。



多少の飼い主の感情は、影響するかもしれませんが、

最終的に、敵か味方かを決めるのは犬自身なんですよね。



そして犬達は、自分を守るための道具・・例えばピストルとか、ナイフとか、

そういうものを使うことはありません。

その代わり、本気になれば、

人間くらい簡単に傷つけ、時には命をも奪ってしまう、

牙、と言う武器を常に持っている事は、忘れてはいけないんだと思います。

それを、使うか使わないかは、犬達自身の道徳なり、良識なり、

ルールなんですよね。

そして、人間社会で生活するために、

それを教えていくのは、やはり「人間」なんです。


  DSC_8676 (480x322)

人間社会のルールは、人間が教えないと、犬達は分かるはずもありません。


  DSC_8679 (480x322)

とっても、乱暴な云い方かもしれませんが、

犬を自分たちの生活ペースに合わせて飼う事自体、人間のエゴだと思います。


だったら、最後までそのエゴを貫いて、

可愛い、可愛い、叱ったら可愛そう・・・・と思うばかりでなく、

時にはきつく叱ったり、徹底的に犬達と向き合って戦うことも、

必要ではないかと思ったりします。


  DSC_8663 (480x322)

  DSC_8659 (480x322)




これ以上、人間と犬との不幸な事故が起こりませんように・・・・・。






  にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
           にほんブログ村
  読み終わったら応援のポチッをお願いします。










03/11|仲間たちコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
FC2カウンター
受賞しました。
2010年11月10日のdogmark.net Cool Dog Site of the Day JAPAN 「クール・ドッグ・サイト・オブ・ザ・デイ・ジャパン」に選ばれました。 -----------------------------------------
FC2ブログランキング

プロフィール

Endless Farm

Author:Endless Farm
神埼市脊振町広滝157-106
TEL:090-8229-3728
・森の中のドッグ・ラン
・家庭犬訓練
・DOG-HOTEL
・フリスビー犬訓練

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード